122188

体がむくんでいるときにむずむずする感覚を覚えた場合、まるでむずむずがむくみのせいで起きているのではと思ってしまいますね。
でも、むくみとムズムズって、どういう関係があるのでしょう?

(手っ取り早くムズムズの原因が知りたい場合は、下のメニューの「でも、むくみとムズムズは無関係」まで飛んでください。)

その「むくみ」一時的なもの?それとも…

528423

むくみは浮腫とも言われますが、要は体の部分に問題があるわけではないのに腫れているという状態です。
本来なら体内で必要な水分は自動的に調節され、このような体が膨らんでいる状態になることはないはずですから、少しおかしなことになっている…というわけです。

ひどくなってくると皮膚がパンパンに張って、関節が曲げづらくなってしまったり、皮膚に痛みを感じる方もおられるほど。
顔にむくみが出てしまうと、決して見栄えの良いものではありませんね。

 

一時的な腫れとの見分け方は、膨らんでいるところを指で押したら、押したあとの形がもとに戻らないことで簡単にわかります。
皮膚には弾力がありますから、本当なら押し戻すように戻ってくるはずですが、むくみの発生している場所は押された形のままで戻りません。

おかれている状況や体質、病気などによって発生する症状ではありますが、怖い原因も隠れていることがありますから、注意が必要です。

一般的な「むくみ」の原因。心当たりはありませんか?

622809

むくみの最も多い原因は、水分や塩分が過剰にとりこまれたことによるものでしょう。
体内の塩分が多くなりすぎると、血液などの塩分濃度を保つために水分を多く保とうとしすぎることになりますから、むくんでしまう原因になります。

また水分の摂りすぎなら、当然余った水分が体の中であぶれてくることになりますから、そのままむくみを引き起こしてしまうのは想像できますね。
これらはよく言われることですので知っているという人も多いでしょうが、逆に水分不足で起きることもあり得ます。

 

体内の水分が減ってしまうと、それ以上排出しないように体が働きますので、貯め込もうとしすぎて、むくみを起こすこともあるのです。
また、運動不足で脚のポンプ機能が正常に働いていないため、重力で下がった血液を戻すことが出来ず、足がむくむ場合も。

水分の適度な摂取と、最低限の運動をしなければ、むくんでしまうということですね。

でも、むくみとムズムズは無関係

616067

 

 

はい、そうなんですよ。
長く引っ張ってしまって申し訳ないのですが、「むずむず」と「むくみ」って、実は無関係なんです。

なので、今のあなたの場合は、たまたま「むずむず」と「むくみ」が同時に来ているだけだと思われます。
…頑張って、両方ともよくしていきましょう!笑

 

このサイトは「むずむず脚」専門のサイトなので、以下に「むずむずの原因と対策方法」について解説した記事をご紹介させていただきますね。

今日からできることもあるので、ぜひ取り入れてみてください。
きっと、むずむずも収まってくると思いますよ!

体や脚のむずむずを抑える、即効性のある方法とは?