259220

子供の貧乏ゆすりは、親としては心配ですよね。
(このまま、大人になっても癖が残るんじゃないか…)とか、(ADHDとか発達障害なんじゃないか…)などなど、。

それに貧乏ゆすりはストレスが原因だと言われていますから、周りの親御さんに(愛情不足なんじゃ…)なんて思われるのも、本当に嫌だと思います。
でも、何回子供に言ってもやめないし、むしろ子供のほうも、貧乏ゆすりなんてしたくないと思っていそう…。

 

それは、もしかすると意外な病気が、お子さんを貧乏ゆすりさせているのかもしれません。
この記事で、ご紹介しますね。


スポンサードリンク

お子さん、こんな症状はありませんか?

256307

貧乏ゆすりが続く中、夜になると足がかゆいとかくすぐったいなどと言って、なかなか眠れないお子さんがいます
かゆいと言われても皮膚などには変わった様子もなく、薬をつけても何をしても良くならない。

足をバタバタさせて暴れたり、辛さを訴えて泣いたり、際限なく掻いて掻いてと言ったり、そんな状況が毎日のように続きます。
でも、アトピーでもなく、食アレルギーでもない。

 

寝具を変えたり掃除を念入りにしたり、洗濯洗剤や体を洗う石鹸を変えても効果はない。
病院に行ってもこれと行った診断もつかず、親も子も睡眠不足でフラフラになり、ストレスで爆発しそうになる。

これでは子供も元気に遊んだり、集中して勉強することなどできませんよね。

それは、子供でもなる「むずむず脚」の可能性が高いです。

627001

実はこうした無意識な止めない貧乏ゆすりや目に見える子供の行動は、むずむず脚が原因となっていることがあります
むずむず脚は普通大人、しかも中高年層に多いので見逃されがちですが、子供にも発症することがあるのです。
むずむず脚の、よくある症状はこちら

子供のむずむず脚は大人と違う点も多く、病院を受診しても気づいてくれる医師が少ないという問題もあります。
そのため他の病気と間違われることも多いので、親がしっかりと子供の症状を観察することが重要です。

子供の「むずむず脚」が、実は一番かわいそうなので…

629128

子供は大人と違って、自分の感じている症状を上手く伝えることができません。
むずむず脚特有の、虫が這っている感じ、皮膚の中がぞわぞわする、熱をもっているような熱さ、チリチリチクチクと痛い、などの感じを言葉で表現できないのです。

しかも子供の場合は夜や安静時だけではなく、日中にも症状が出ることがあります。
足がむずむずするためじっとしている事ができず、動き回ったり足を絶えずバタバタさせたりという行動が目立つようになります。

そのため、チック?と親が思ってしまうケースも少なくないようです。

もし、病院で診てもらうなら…

660960

医療機関などに相談しても、ADHD(注意欠陥多動性障害)と勘違いされることもありますし、成長痛と言われることもあります。
むずむず脚自体がまだあまり広く認知されていない上、子供の場合は大人とは違う難しさがあり、容易に診断がつかないのが現状なのです。

親がじっくりと子供の状態と向き合い、訴えを聞き、できるだけ詳細を医師に伝えられるようにして下さい。

 

内科、小児科、皮膚科、整形外科と周っても、原因も治療法も見つからなかったという経験をお持ちの人も多いようです。
医療機関を受診する際は、睡眠障害を扱っている病院がいいでしょう。

睡眠障害クリニックや睡眠外来なら詳しい医師がいるかもしれません。
また神経内科や精神神経科で見てもらえることもありますよ。

自宅で、子供のムズムズ対策をするなら?

006

ちなみにですが、自宅で出来る「むずむず対策」を、以下の記事でご紹介しています。
ぜひ、読んでみてください。

子供のムズムズを、自宅で対策する方法を見に行く⇒


スポンサードリンク