534461

自分がむずむず脚かどうか不安な時や、どう考えてもムズムズ脚の場合。
やっぱりまずは、病院へ行きますよね。

でも、何科で見てもらえば良いのかがわかりにくいのが、ムズムズ脚だと思います。
またあまり有名ではないので、治療にどれくらいの時間がかかるのかなども、よくわかりませんよね。

 

そこでこの記事では、そういった話をまとめてみました。
よろしくお願いいたします!


スポンサードリンク

病院は何科を受診すればいい?

213651

このむずむず脚で感じる症状は、脚を中心とした体の部分や全体ですので、まず受診を考えることになるのは皮膚科や整形外科などではないでしょうか。
もちろん原因がむずむず脚ではない可能性もありえますから、皮膚科や整形外科に行くことも、無駄ではありません。

 
しかし、これらの診療科目を持っている病院では、残念ながら「むずむず脚」を正しく診断ができる可能性は低いと考えたほうが無難です。
なぜなら、まだ多くの医師が正しい知識を持っている病気ではないからです。

正しい治療を受けられるためには、睡眠に関する治療を受けることができる病院を選んだほうがいいでしょう。
例えば睡眠障害を専門に扱っているクリニックなどはその最たるものと言えますが、睡眠外来を設けている医院などでも十分と考えられます

 
しかし、これらの病院は多くありませんので、神経内科や精神科で相談しても必要なだけの治療は受けやすいと思われます。
ぜひ、お近くの病院へ行ってみてくださいね。

検査はどんなものを受けるのか

313394

検査は基本的に問診から始まるみたいです。

ただ後の血液検査以上に診断で重視されることになるのが、検査前に行われる問診の内容です。
自分に起きている症状を、自分のわかる範囲内だけで構いませんので、できるだけ細かく伝えるように努力しましょう。

 

ちなみになぜ問診が重要なのかというと、他の検査を補助的に行ったとしても、治療の全体的な方針を決定づけるのが、この問診結果と言われているからなのです。
つまり本人の症状の伝え方次第で、本当にむずむず脚としてお医者さんに診てもらえるかどうかが変わってくるからです。

人によってはムズムズ脚はかゆかったり痛かったりピリピリした感じ、虫が這われている感じがしますが、その伝え方次第ではお医者さんに(ただの筋肉痛だろうな)なんて思われることもあるみたいです。
なので、少しでも感じた症状は、全部言ったほうがよいと思います。

579708

そして問診が終わった後は検査を受けますが、基本的に血液検査で鉄分の体内備蓄量を測定するものがメインと考えていいでしょう。
今のところ、むずむず脚の原因は鉄分不足と考えられていますからね。

睡眠を専門に扱っている病院であれば、終夜睡眠ポリグラフ検査と呼ばれる、センサーを眠っているときに装着する検査もありえます。
これらの結果を総合して、むずむず脚と診断されるのです。

治療期間や内容はどんなものになる?

213651

治療期間は、それぞれの症状によって大きく異なることになりますので、一概にどれだけと言うのは難しいです。
なにより症例も少ないですし、いろいろな専門医のサイトを調べてみても、治療期間については全然書いていません(-_-;)

ただし参考までに以下の(同じく鉄分不足が原因の)鉄欠乏性貧血のサイトを見ると、鉄分の補助は2週間ほどで効果が見られ、そのあと半年くらいはストックを作っていくべき、と書かれています。
⇒鉄欠乏性貧血

 

 もしかすると「ムズムズ」自体は早めにマシになるのかもしれませんが、完治までは最低でも半年くらいの余裕を見ておいたほうがよさそうです。

非薬物療法はこんな感じ

もしも他の病気がむずむず脚の引き金となっている二次性疾患だった場合、まずは元となっている病気を治療することから始めなければなりません。
また症状を悪化させる可能性が高いカフェインやアルコールなどの利用を制限する指導を受けたり、睡眠に関する指導を受けるなどが非薬物療法となるでしょう。

超音波を仙骨と頸部の交感神経が集まっている場所へ当てて治療を試みる超音波治療も、少ないながら受けられるところもあるようですね。

薬物療法はこんな感じ

薬物療法の場合は、フェリチン検査で鉄の不足を検出した場合には鉄剤で補給を行います。
またドーパミン作動薬を使用し、直接症状を抑える方法も採用されているケースがあるようですね。

むずむずの発生源となりうる皮膚への刺激を弱めるために塗り薬を使用する方法や、脳内物質をコントロールできる貼り薬なども治療法として使われています。
逆に抗うつ薬のような精神薬の中には、むずむず脚を悪化させてしまうものもありますので、それらの使用中止も薬物療法の一つと考えていいでしょう。

…まぁ、知らずに先生が使ってしまうケースも多いみたいですけどね。

完治までの費用はどのくらいかかる?

427793

完治までの治療費も、やっぱり個人差があります。
ただムズムズ脚の検査で多く行われている「フェリチン検査」に関しては3000円程度と意外と安いです。

初診でいきなり高額な治療費を取られるケースはないと思うので、まずは気軽に足を運んでみても大丈夫だと思われます。
念のため、1万円くらい持っていきましょう。

 

ただし、睡眠の状態を検査機器で測定する終夜睡眠ポリグラフ検査の場合、健康保険の適用を受けることは可能ですが、それでも3割負担で20000円から30000円と言われています。

診察や薬剤代を含むと4万円くらいになるかもしれないので、最後の手段として、残しておいたほうが財布には優しいと思います。
終夜睡眠ポリグラフ検査なんてまったくやらない病院だってありますからね。

 

むずむず脚は治療期間は長くなりがちだと思いますが、金額が一定を超えれば高額療養費制度も利用できるので、条件なども自分で調べるか、病院で聞いてみてください。

全ての医療機関が知っているとは思わないこと

463645

初めにも言いましたが、むずむず脚はお医者さんでも正しく診断していただけないことも多いです。
まぁそれだけならマシなのですが、例えば精神薬なんかだと症状を悪化させてしまうこともあるので、その点だけは本当に注意が必要です。

ぜひ、何件も病院を回ってみてください。
そして、自分から「むずむず脚かなと思っているのですが…」と言ってみてください。

 

もしかすると病院によっては、「そんな年齢でなるわけがない」とか「むずむず脚…?あぁ…でもねぇ…」みたいな反応をされることもあるかもしれません。
そういう場合は病院を変えて、ほかのクリニックにも足を運んでみてください。

良い病院を見つけるまでは大変かもしれませんが、見つけてからは早く良くなると思いますよ!

もし、薬以外で、自宅で対策したいなら…

003

これはお薬ではないのですが、むずむず専用のクリームも今は出ています。
私も使っていますが、塗った瞬間にムズムズがスッ――と対策出来るので、助かっています。

それに、使い続けると頻度が減った、という方も多いです。
薬と違って副作用もありませんし、無添加なので肌も荒れませんし。

007

ちなみに今は、発売記念だからか10日間の返金保証&20%OFFキャンペーン中です。
詳しくは、以下の公式サイトへどうぞ。

「むずむず脚」専用クリームの公式サイトを見に行く⇒


スポンサードリンク