404880

こんにちは!
この記事では、むずむず脚をなるべく早く抑える方法をご紹介します。

私も過去に「むずむず脚」になったことがありました。
私の場合は昼間でも脚がなんとなくジンジンするタイプで、

  • 足をなんとなく組みたくなってしまったり、
  • 脚がソワソワして集中できず、
  • ひどいときには脚だけじゃなく、腰や背中、腕など全身にムズムズが広がって、
  • ピチピチのタイツを履いたりスクワットをしたり、
  • 叩いたり

していました(それでも良くはなりませんでしたが…)。

 

ただし、今は「むずむず」を抑える方法がいくつかあり、私もかなりお世話になっているので、ここでご紹介することにしました。

(そもそも、私ってむずむず脚かどうかわからない…)という場合には、まずは以下の記事をお読みください。
⇒これってむずむず脚?本当の特徴と、よく見られる症状について

 

なおこのサイトでは、“体のどこかが、むずむずする状態”の事を、むずむず脚と呼ぶことにしています。
それでは、始めて行きましょう!

むずむずする⇒病院へ行くのは良くない?

612701

私たちは病気になったりすると、すぐにお医者様に頼るところがありますよね。
もちろん、その考え方は、多くの場合は間違っていません。

でも「むずむず脚」の場合は、少し考えた方が良いかもしれません。
その理由は…。

お医者さんでも、むずむず脚の事をよく知らないことが多い。それどころか…

431536

実は、むずむず脚の事は、お医者さんでも正しくわかっていらっしゃらない事も多いです。
本当は10代でもなるし、全身に症状が出ることもあるし、夜だけではなく朝や昼も症状が出ることがあるのに、「むずむず脚じゃない」と診断されてしまうことが多いようです(この辺りは、始めにご紹介した記事をお読みください)。

私は今高校1年なのですが、中学2年生からずっと左腕がむずむずすると言うか、じっとしてられません。
病院に行っても、分からない。と言われます。
MRIでも異常はありませんでした。
ネットで調べたら、むずむず脚症候群と出てきましたが、病院で聞いてもお年寄りがなる病気だから違う。と否定されました。
薬も無いので寝るときがとても辛いです。

http://ur0.biz/A8bj

 

私は何年も前からむずむず脚症候群ですが、この病名が発表され世間に知れ渡ったのは、最近ですよね。
しかも、むずむずは全身で、就寝時に脚重視な症状です。

過去何回も違う病院で診察してもらいましたが、疲れ・ストレス・風邪等の不適切な診断でした。

http://ur0.biz/A8bI

 

精神科医を訴えれますか?

対人恐怖症で心療内科に通っている息子がいます。
そこでは女医に精神障害は無いと言われました。
その結果は良いとして、息子の身体の不調も訴えているので「レストレスレッグス(むずむず脚症候群)らしいのですが」
と言うと、そんな珍しい病気になるはずが無いと言われました。
他の病院で治療をしようと思うのですが・・・と言うと治療をする必要も無いと言われました。

http://ur0.biz/A8bX

 

むずむず脚は「人口の3%がかかる&不眠症の10人に1人はかかる」と言われていますし、そもそも病院に行くこと自体珍しい事なのに…。
それなのに正しく診断してもらえなかったり、先生に理解してもらえないなんて、ひどい話ですよね。

でも、これだけならまだマシなんです。
一番怖いのは間違った診断をされて、間違った薬を出されることです。

なぜかというと…。

むずむず脚は、薬が原因で、さらに悪化してしまう…!

453409

むずむず脚の特徴の一つに、“薬でさらに悪化してしまう”というものがあります。
せっかく、「これでよくなる!」と思ったのに、さらにひどくなってしまうことがあるということです。

躁鬱病治療のため、約2年前から精神科に通院中の20歳女です。
病状の悪化に伴い、一般的にむずむず脚症候群の症状だといわれているもの(夕方~の時間帯に腕や脚、背中や腰のむずむず感、それによる不眠症状、各部の痛み)が増幅してくるようになりました。
躁鬱の薬により併発したものかどうかは不明ですが、両主治医(精神科、神経内科)には否定されるばかりで、はっきりとした病名は出して頂けていません。

http://ur0.biz/A8g6

 

むずむず病っていうのは、脚だけじゃなく背中や腕にも症状が出るらしいのですが私は、腕に症状がでます。
うつの薬を飲んでいたら症状がひどくなるって何かに書いてありました。
でも 私はうつになるちょっと前に、腕のむずむず感がすごくひどくて腕をさすっていました。
それから、うつ病になりました。

今、心療内科に通院しているのですが 「腕がむずむずする」って言っても何もしてもらえません。
心療内科の医師は、むずむず病のこと知らないのでしょうか?

http://ur0.biz/A8gA

 

うつ病治療中の者です。
5年以上前から、うつ病治療の為に、SSRIのジェイゾロフトと言う薬を飲み続けていました。
そして数年前から、むずむず脚症候群になり、その治療の為、ビシフロールと言う薬を飲んでいました。

しかし、数ヶ月前にSSRIがむずむず脚症候群を引き起こしていると言う診断から、抗うつ薬の種類が変わり、その結果むずむず脚症候群の症状も治まり、ビシフロールの服薬もしなくて良くなりました。
けれど、ビシフロールをやめてしばらくしてから、うつの症状が悪化しています。

http://ur0.biz/A8hu

 

薬の副作用による「むずむず脚」は、特に強烈ですよ。
むずむず脚で発狂して、自殺してしまった方もいらっしゃるくらいですからね。

個人的には、自宅でできる方法をすべて試してから、病院に行かれることをお勧めします。
そして、もし病院に行かれるとしても、“いくつかの病院を回ってみること”が大切です。

 

そして、こちらから「むずむず脚じゃないかと思うのですが」と、必ず言うことです。
もしかすると「素人が口を出さないでください」みたいな雰囲気になるかもしれませんが、そうなったときは、他のクリニックを選ぶようにしましょう。

いずれにせよ、病院へ行くのは自宅でできる改善方法を試してからがオススメです。

自宅でむずむず脚対策をする方法

220845

それでは、どうやって自宅でむずむず対策をするのか、ですが…。
実際に良くなった方の例を見てみると、どうやら「鉄分」を補ってあげると、むずむず脚が良くなった例が非常に多いとのことです(これは、これから解説する”むずむずの原因”に対しても正しい対策方法です)。

何を隠そう私も、鉄分を意識して増やした結果、かなりマシになりました。
ということで、自宅での対策は「鉄分を補うこと」が大切になります。

(鉄分不足じゃないよ?、というアナタ!…もう少しお待ちくださいね)

もう少し詳しく解説すると…(興味ない方は飛ばしてください)

612690

もう少し詳しく解説すると、むずむず脚は“肌の感覚などが敏感になりすぎないようにしてくれる「ドーパミンという物質」が足りないのが原因で、ほんの少しの刺激(風が当たる、服とこすれるなど)にも敏感に反応してしまう”ことが原因のようです。

ドーパミン不足が原因で、仮にホコリが少し触れただけでも、まるで大きな虫が落ちてきたかのように過剰に感じてしまうみたいなんです。

そして、そのドーパミンは鉄分から出来ています
なので、鉄分を補ってあげる必要がある…ということですね。

でも、鉄不足じゃないと思うんだけど…という場合

612701

もしかするとあなたは、血液検査で鉄分不足じゃないと出ていたり、普段からバランスの良い食事を心がけていらっしゃるかもしれません。

でも実は、血液検査だけでは鉄不足かどうか、正しくはわからないんです。
詳しくは、お医者さんが解説している、こちらの記事をお読みください⇒血液検査でわかる鉄不足の判断

 

また日本人の三人に一人は、鉄不足だと言われています。
バランスの良い食事を心がけていても、鉄不足になる可能性は十分にあるので、しばらくは意識的に鉄分を増やしてみてください。

ちなみに鉄分は摂りすぎると副作用がありますが、その量は1日40mg~50mg以上を毎日とりつづけた場合に限ります。
よっぽど無理をしてサプリメントを飲まないと超えることは無いと思うので、安心して大丈夫だと思いますよ。

”今すぐムズムズを抑えたい”なら、サプリじゃなくて…

499475

では鉄分をどうやって補うか…ですが、一番に思いつくのは食べ物だったり、サプリメントだと思います。
でもこれらの方法には、1つだけ大きな問題があるんですね。

それは、むずむずに効き始めるまでに、時間がかかることです。
最低でも1か月、通常は3か月は様子を見ないといけません。

 

まぁ3か月我慢すれば、確実によくなってくれるなら良いんですが、そういうわけにもいかず…。
もっと、今すぐ・出来るだけ早く「むずむず」を抑える方法があるので、ご紹介しますね。

30秒で「むずむず脚」対策をしたいなら、塗ってすぐわかるクリームタイプがおすすめ

003

こんなのあるなら、もっと世の中に広めてくれと私も思いましたが(笑)
実は最近、「むずむず脚専用のクリーム」というものが出ています。

特徴を簡単に解説すると、

  • スッ――と浸透するので、ムズムズした時に塗れば、ピタッと気にならなくなる
  • むずむずの原因に良い成分なので、使い続けるとムズムズの頻度が減る

というもの。

 

ちなみに私も気になったので問い合わせてみたのですが、成分はナノレベルまで小さくすると、皮膚からでも吸収できるみたいです。
また無添加なのでお子さんでも使えますし、塗るタイプなので、今お薬を飲んでいる人でも使えるみたいです。

⇒このクリームの詳細はこちら

私が初めて使ったときの感想は…

004 006

私が初めて使ってみたときの感想ですが、いつものようにむずむずしている時に、手のひらにクリームを出して軽く両手に広げて、まずは右足の膝から下に伸ばして、マッサージしてみました。
手のひらに出した量は100円玉程度でしたが、問題なく膝からふくらはぎ、そして足首までスッ――と伸ばすことが出来ましたね。

香りは、ほんのりとミント。
塗った後の肌は、とってもしっとりしていて、不思議とべたつきはありません。

 

そしてもう、30秒もたたないくらいです。
右足のむずむずとした感覚が、ピタッ!と無くなっちゃったんですよね。

007 008

不思議ですが、何というか“まるで右足がなくなったみたいに、静かになった”というのが正しい表現だと思います。
あんなに「むずむず・そわそわ」と騒がしかった両足が、今は右足だけ何もなく静かで、左足だけ相変わらずジンジンと騒がしい状態になったのです。

 

私はかなり、衝撃的でした。
思えば今まで、塗るタイプなんて使ったことがありませんでしたからね。

こんなに早く楽になれるなら、もっと早く使っておけばよかったと思っています。
なので、ここで紹介させていただくことにしました。

 

ちなみにですが、このクリームは全身に使えますよ(^^)

010012 013017

塗ったらすぐにスッーとしみ込んだ感じがして、ピタッとおさまります。
1分も乾かせばシットリするので、靴下もすぐ履けます(`・ω・´)b

今だけ、10日間の返金キャンペーン中

612690

このHQLというクリームは、商品を使っても10日以内であれば返品できますよ!
この手のクリームは塗った瞬間に自分に向いているかどうかわかりますから、10間でも短くないと思います。

もし塗っても何も良くならなかったら返金してもらって、そのお金で(残念ですが)病院へ行きましょう…。

 

クリームは早くて2日で届くので、あと2日だけ「むずむず」を我慢してください。
そしてクリームが届き次第、気になる部分に使ってみて、久しぶりの「むずむずが気にならない感じ」を体感してみてくださいね(^^)

 

公式サイトを、以下に貼っておきます。
今週は20%OFFキャンペーンもやっているので、ぜひ公式サイトを覗いてみてください。

「むずむず脚」専用クリームの公式サイトを見に行く⇒